日本語

ja

こんにちは、ようこそ !
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co.、Ltdは、2009年以来CNC加工サービスの専門家です。iso9001およびitaf 16949認証を取得した工場です。
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co., Ltd
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co., Ltd. 中国の国内電力機器製造企業である最大のセキュリティメーカーであるabbの間接的なサプライヤーです。さまざまな種類の電気的性能、磁気特性、機械的特性の処理の専門家、 機能性特殊めっき 、熱処理およびその他 ハードウェアスペアパーツ 、非標準機器の付属品、ツーリング、治具、治具の設計と処理。 当社は2009年に福建省x門市に設立されました。 1、500平方メートルの工場面積;現在、既存の4軸マシニングセンター、旋盤およびフライス複合センター、CNC旋盤、自動旋盤およびその他の精密生産設備。大きなqc部門(iqc、ipqc、fq)で品質を厳密に制御します。出荷前の完全な検査製品。また、当社の金属製グラフィックアナライザー、座標測定器、画像測定、X線コーティングテスター、粗さ測定器、塩水噴霧機、硬さ試験機、その他の試験装置用の大規模な試験室。 同時に、プロセスをさらに最適化し、管理を標準化するために設計されたiso9001:2008標準を導入しました。当社の利点:あらゆる種類の金属製品の処理、品質と安定性、納期どおりの納品。会社の組織は、内部のビジネス、生産、品質管理、管理、エンジニアリング、調達6部門で安定しています。 包括的なトレーニングスタッフの顧客意識、品質意識。効果的かつ迅速に顧客に高品質の製品とサービスを提供し、顧客満足を獲得します。 長期的な関係を確立するために多くの企業との「根源としての技術、品質志向、生活の評判、目的のためのサービス」への信仰。
もっと見る
  • 顧客の図面による処理
    顧客の図面による処理
    すべての製品は顧客設計です
  • 安定した品質
    安定した品質
    品質を保証する完全な品質検査システム
  • 時間通りに配達
    時間通りに配達
    サンプル:3-7日 大量生産、15日間
私たちのパートナー
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co.、ltdは、abb、te Connectivity、Samsungなどの有名企業のパートナーです。

信頼できる戦略的パートナーになることを願っています! お問い合わせ または パートナーをもっと見る

私たちのビデオ
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co.、Ltd主要なビジネスは、さまざまなカスタマイズされた図面/設計のためのCNC加工処理です。
すべての動画を見る
製品カテゴリ
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co.、Ltd主要部品は、CNC加工部品、スタンドオフ、ケーブルコネクタ、スタンドオフ、精密ピン、精密シャフトなどのカスタマイズされた特殊ファスナーです
  • 産業用制御スイッチハードウェア

    産業用制御スイッチハードウェア

    zhong li daの加工自動化および制御製品とソリューションは、単純な機械から複雑なプロセスシステムまでのアプリケーション向けに、プログラマブルリレーからモーションコントローラーおよびインターフェイスモジュールまで、産業、インフラストラクチャ、および建築分野の幅広い分野をカバーしています。



    もっと見る
  • コネクター

    コネクター

    Product range can be tailored to produce custom solutions based on customer requests, working through a specific process leveraging engineering capability and experience of design and manufacture for harsh environments to create a product that suits a specific need.
    もっと見る
  • 電気アクセサリー

    電気アクセサリー

    zhong li daは、デバイスのテスト、設置、安全に使用される幅広いサージ保護アダプタとアクセサリを提供しています。すべてのアクセサリーは、高品質の素材から厳格な品質基準に基づいて製造されています。

    もっと見る
  • 導かれた軽金属の部品

    導かれた軽金属の部品

    カバー、チューブなどのLED軽金属部品のCNC旋盤によるフライス加工サービス。

    不動態化による研磨が可能です。

    もっと見る
  • 家具ハードウェア

    家具ハードウェア

    ハイエンド家具ハードウェアアクセサリー


    見栄えの良いCNC加工サービスを備えた高エントランス家具ハードウェア。


    椅子、机、テーブルなどに。

    もっと見る
  • 高精度ピン

    高精度ピン

    CNC機械加工サービスで高公差が要求されたピン。

    糸、研削、ローレットが利用可能です。

    もっと見る
熱いプロダクト
Xiamen Zhong Li Da Machinery Co.、Ltdは、あらゆる種類の特別なファスナー、テーブルコネクタ、カスタマイズされた精密なハードウェア部品、シャフト、スタンドオフなどを処理しています。
真鍮製ノブキャビネットノブ

家具ハードウェア真鍮六角キャビネットノブ

家具ハードウェア真鍮六角キャビネットノブ 真鍮製のユニークなデザイン、美しい外観。
m3ネジ切りローレットインサートナット

プラスチック用ローレットm4ねじ込みインサートナット

黄銅ローレットm4ねじ込みインサートナット 真鍮製hpb59-1の主な用途は、射出成形、プラスチック部品への加熱、または直接金型射出です。
メトリックケーブルグランド

小さなm20真鍮装甲ケーブルグランドメーカー

ケーブルグランド 各ケーブルの端を固定し、電気機器または通信機器に接続するために使用されます。
金属ケーブル腺

ステンレス鋼防爆二重圧縮EMCケーブルグランドコネクタ

ケーブルグランド すべてのタイプの電源、制御、計装、データ、および通信ケーブルに使用できます。これらは、ケーブルが入るハウジングの特性が適切に維持されることを保証するためのシーリングおよび終端装置として使用されます。
T字型ブロンズベアリングブッシング

T字型ブロンズベアリングブッシング

T字型ブロンズベアリングブッシング 一般に、ブロンズまたは真鍮製のブッシングとベアリングハウジングは締まりばめを採用し、シャフトはすきまばめを採用しています。
真鍮製ノブキャビネットノブ

カスタム真鍮現代キャビネットノブ

真鍮モダンキャビネットノブ 真鍮製、ユニークで斬新なデザイン
M4ねじ付き丸型スタンドオフ

m3長さ10mmカラー陽極酸化ラウンドスタンドオフ

赤い陽極酸化ラウンドスタンドオフ アルミニウム製、 顧客の要件に応じてすべてのサイズをカスタマイズできます
キャビネットノブ

磨かれた真鍮製キャビネットノブ

ノブとプル。これらの便利な機能は、キャビネットを開く手段以上のものです。
キャビネットノブ

カスタムm6-m8真鍮製引き出しハンドル

カスタムm6-m8真鍮製引き出しハンドル これらの便利な機能は、キャビネットを開く手段以上のものです。
家具用真​​鍮ドレッサーハンドル

キッチンキャビネットドア用の金真鍮ドレッサーハンドル

カスタムゴールドブラスドレッサーハンドル 簡単に開けて持ち運びできるように、プロファイルにハンドルを取り付けます
すべての製品を見る
用途
当社の製品は、お客様の技術図面に従ってカスタマイズされます。主に非標準の精密機械部品を生産しています。精密機械部品は、携帯電話、テレビ、コンピューター、一部の小型家電製品で広く使用されています。また、自動車、機械機器、通信機器、医療機器、航空宇宙、電子機器の分野でも使用されています。
もっと見る 連絡する
Common Plating

Common Plating

The purpose of electroplating is to plate a metal coating on the substrate to change the surface properties or size of the substrate. Electroplating can enhance the corrosion resistance of metals, increase hardness, prevent abrasion, improve conductivity, smoothness, heat resistance and beautiful surface. Depending on the purpose of the coating and the electrochemical reaction between the coating and the substrate, the coating can be divided into many types. Coating material   ① Classification according to the purpose of the coating The coating usually has two uses, namely: to give or improve the surface condition of the material, or to make the surface structure of the material have a certain function. Therefore, it can be generally divided into decorative, protective coating or functional coating. 1. Protective decorative coating Corrosion, rust, etc. are the greatest threats to product life, which will not only damage the appearance, but also affect the function of the product. In addition to improving the appearance of the product, the general decorative coating can also play a protective role, such as chemical anti-corrosion and anti-rust, or mechanical anti-wear to reduce friction. 2. Functional coating Functional coating mainly refers to those coatings that can make the surface of the material have a special function. Various new functional coatings can increase the surface hardness of the material, improve friction, reduce wear, improve electrical conductivity, reduce contact resistance, enhance magnetism, prevent diffusion and penetration, or repair worn parts. ②. Classification according to the electrochemical relationship between the coating and the substrate According to the electrochemical relationship between the coating and the substrate, the coating can be divided into cathodic coating and anodic coating. The liveliness of the metal is different, which is also an important way to judge the type of coating. 1. Cathodic coating The metal substrate of the cathodic coating is more active than the coating. Such a coating usually covers the substrate completely to protect the substrate. The typical ones are copper plating and nickel plating on steel. Since the cathodic coating only has a certain thickness, it has a protective effect on the substrate. Therefore, the coating thickness and porosity are required. Usually, a coating thickness gauge is used to control the thickness of the coating. 2. Anode coating The plating metal of the anodic coating is more active than the substrate. When the coating encounters corrosive substances, the coating will corrode first, thereby protecting the substrate from corrosion. Typically, there is zinc plating on steel. The above is the plating classification knowledge organized by the editor. If you want to know the coating thickness measurement method and the coating thickness gauge product, please click "How to use the coating thickness gauge to measure the coating thickness" for details.
what is Low Speed Wire Cut

what is Low Speed Wire Cut

Low speed wire cut, also known as low-speed walking, uses continuous moving thin metal wires (called electrode wires, generally copper wires) as electrodes to perform pulsed spark discharge on the work piece, which generates high temperatures above 6000 degrees, etc. A CNC machining machine that becomes a work piece. The principle of slow wire processing is the phenomenon that there is a gap between the wire electrode and the work piece, and the electrical discharge is continuously removed. Walk slowly. Unlike CNC turning, which is suitable for processing Dowel Pins, Low speed wire cut is more suitable for irregular workpieces that require right-angle cutting. Since the Low speed wire cut machine adopts the method of continuous wire feeding of the wire electrode, that is, the wire electrode completes the processing during the movement, so even if the wire electrode is worn, it can be continuously supplemented, which can improve the processing accuracy of the part. The surface roughness of the work piece processed by the slow-feed wire cutting machine can usually reach Ra = 0.8 μm and above, and the roundness error, straight line error and dimensional error of the slow-feed wire cutting machine are much better than those of the fast-feed wire cutting machine. For high-precision parts, Low speed wire cut machines are widely used. In addition to early small and medium-sized enterprises, it is also very common in processing plants of large enterprises such as aviation, automotive, and medical. WORKING PRINCIPLE Jog wire is a machining machine that uses continuous moving thin metal wires (called electrode wires) as electrodes to perform pulse spark discharge on the work piece to remove metal and cut and form. Loose contact light pressure discharge between the wire electrode and the work piece during slow wire processing. When the flexible electrode wire and the work piece are close to the commonly considered discharge gap (for example, 8 to 10 μm), spark discharge does not occur. Even when the electrode wire has contacted the work piece and the gap is no longer visible from the microscope, it is often not visible. To the spark, a normal spark discharge occurs only when the work piece bends the electrode wire and deviates a certain distance (a few microns to several tens of microns). At this time, for each 1 μm of wire electrode feed, the discharge gap does not decrease by 1 μm, but the electrode wire increases a little tension between the wires, and the work piece increases a little lateral pressure. Obviously, only after maintaining a slight contact pressure between the electrode wire and the work piece In order to form a spark discharge. Based on this, it is believed that there is some kind of electrochemically generated insulating film medium between the electrode wire and the work piece Processing characteristics Surface Quality (1) Nanosecond high peak current pulse power technology In the EDM process, there are two types of metal erosion: meltin...
The difference between CNC lathe processing

The difference between CNC lathe processing

In the processing of parts, those small parts such as bars need to be processed at one time, and those parts need to be processed in batches. In most cases, it will be used. Pogo Pin, Brass Threaded Inserts for Plastic, 316 stainless steel dowel pins, small appliances shafts, brass cable connectors and other round symmetrical products fall into this range, as long as it involves the processing of rod-like parts, as long as the diameter of the processed part is not When the diameter is too large (the diameter cannot be greater than 52mm), the CNC lathe has great advantages in all aspects. If coupled with the matching equipment-feeder (CNC CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE), it will generally be used for distribution. Can have a greater advantage), so in terms of this set of equipment, it is a relatively typical small automated production line, whether it is in the speed of processing parts, the molding rate of the product or the cost of the entire production, It has advantages unmatched by other machine tools. The biggest and most important difference between CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE and the walking machine is that during the work of the walking machine, the knife moves while the workpiece does not move. CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE has long been called a slitting machine in China. It is mainly used for batch processing of small rod-shaped parts. Most feeders pass the bar through the through hole of the spindle, and the collet is automatically clamped. If the parts that need to be processed in the processing process are protruding outward for a certain distance, then the parts need to be equipped with a tip. If the tail needs to be processed, a second spindle is required. If the machined parts need to be machined with four or six drill holes, then a power tool holder and spindle indexing are needed. For CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE, the biggest limitation is the limitation of the rod material diameter. At present, the largest type of center lathe can only process parts with a diameter of 50 mm. As long as it is a part that can be machined by CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE, its machining accuracy, machining speed, and cutting machine can't match it. There are a lot of CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE, but its main advantage is that one time clamping of the part can cut the part up to 200mm in length without stopping the spindle. If you need to process a relatively small part (10mm), both CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE and the cutter can be used, but CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE can do a lot of this small part without stopping the spindle, but the cutter cannot . The cutting position of CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE in the cutting process is always the nearest position where the part is fixed, so the rigidity is very good. The cutter can process more complex and irregular parts. For some flat plate seats that require grooves, the irregular and asymmetric CNC machining part cutter is more suitable than the CNC PRECISION AUTOMATIC LATHE. Zhonglida mach...
Plain bearing bushing Common considerations

Plain bearing bushing Common considerations

In the moving parts, the parts are worn due to long-term friction. When the clearance between the shaft and the hole wears to a certain extent, the parts must be replaced. Therefore, the designer chooses a lower hardness and better wear resistance when designing. The material is a shaft sleeve or a bushing, which can reduce the wear of the shaft and the seat. When the shaft sleeve or the bushing is worn to a certain extent, it can be replaced. This can save the cost of replacing the shaft or the seat. Generally, the bushing and the seat are used. Interference fit, and clearance fit with the shaft, because wear is unavoidable in any case, can only extend the life, and shaft parts are relatively easy to process; some new designers do not like this design, think that It is an increase in cost during manufacture, but after a period of use, it is still necessary to modify it in accordance with this method. However, the modification is likely to reduce the accuracy of the equipment. The reason is simple. Secondary processing cannot guarantee the position of the center of the seat hole. In addition, the bushing is used to replace rolling bearings (such as camshafts) in places with low speed, high radial load and high clearance requirements (actually, the bushing is also considered as a plain bearing). The material requires low hardness and resistance Grinding, the inner hole of the shaft sleeve can be ground and scraped to achieve high matching accuracy. There must be an oil groove on the inner wall. Lubrication of the shaft sleeve is very important. If dry grinding, the shaft and shaft sleeve will be scrapped quickly. Recommended here Scrap the inner hole wall of the sleeve during installation, which can leave many small pits and enhance lubrication 1. Plain bearing bushing generally function as sliding bearings. In order to save material, the wall thickness of the sleeve is designed according to the axial load required by the bearing. Generally, cast copper and bearing alloy materials are used. The shaft sleeve is divided into open and non-open, which depends on the needs of the structure. Generally, the sleeve cannot bear axial load, or can only bear small axial load. Or add thrust bearings. The shaft is generally round. 2.Bushings generally function as linings. The shaft can be of various shapes, as is the bushing. Bushings can be used to prevent corrosion, eliminate assembly gaps, etc. The shaft sleeve generally plays the role of axial positioning, and the end is in contact with the gear bearing and other parts under compressive stress. Sometimes the shaft must be matched with seals and other standard parts, and it is necessary to ensure that the middle part can pass through the shaft end. The shaft sleeve and seal ring can be made thin to ensure that the parts pass through. Plain bearing bushing have different uses in different occasions, can be axially positioned, can reduce friction and vibration, and can also be used to isolate the shaft from h...
最新ニュース
Zhong Li Da News Center会社ニュース
最新情報を購読するためにメールボックスを残すことを歓迎します
How Zhonglida Machinery develop in 2020

How Zhonglida Machinery develop in 2020

Made in China is gradually upgrading, and Zhonglida Machinery is also participating in this wave. Gradually developed from several automatic lathes to now have 20 CNC machining centers, 30 automatic lathes, more than 20 auxiliary processing and testing equipment. For products that are simple and cheap, people tend to buy them nearby or in their own country. Because long-distance transportation and product import both cost, if the product is cheap, the cost of transportation and import may have exceeded the price purchased nearby. But why are more and more people importing machined hardware products from China? After several upgrades, Chinese industry has become one of the important members of global manufacturing. The reason why she can develop rapidly and continue to be inseparable from the increasingly perfect domestic supply chain system Customers' needs often require multiple factories to collaborate, and even cross-industry cooperation to complete. If the customer needs to find the factory for each processing technology and find the appropriate assembly factory, it will take a lot of time, energy and cost. But if you find an experienced and powerful factory, it already has a perfect network of relationships, and cooperates with other supporting factories for many years to cooperate perfectly. This will save customers a lot of unnecessary costs. Xiamen Zhonglida Machinery Co., Ltd. has been continuously screened since its establishment in 2005, and has already established a complete supporting supply chain system that has been subsequently processed. Able to provide customers with all services of finished hardware parts from raw materials to qualified products after understanding their needs. The steps are simplified as follows: make a request → confirm the drawing → confirm the sample → pay → receive the goods. Strong processing equipment, processing capacity and perfect management system, after passing ISO9001: 2016 and TS16949 certification, we provide many large factories including but not limited to custom screws, custom nuts, various shafts, shaft sleeves, engine spools Electromagnetic parts, Cable Gland Adaptor and other OEM stainless steel, iron, copper, aluminum, carbon steel, low carbon steel and non-metal parts. Made in China is gradually upgrading, and Zhonglida Machinery is also participating in this wave. Gradually developed from several automatic lathes to now have 20 CNC machining centers, 30 automatic lathes, more than 20 auxiliary processing and testing equipment. For products that are simple and cheap, people tend to buy them nearby or in their own country. Because long-distance transportation and product import both cost, if the product is cheap, the cost of transportation and import may have exceeded the price purchased nearby. But why are more and more people importing machined hardware products from China? After several upgrades, Chinese industry has become one of the important members of global manufacturing. The reaso...
Apr 30, 2020
ピンシャフト一般的に使用される材料

ピンシャフト一般的に使用される材料

pin shafts 固定できるタイプの標準化されたファスナーです 静的に接続されているか、接続されているパーツに対して移動しています。彼らは主に 2つのパーツのヒンジで使用され、ヒンジ接続を形成します。の ピンシャフト 通常は 信頼性が高く、分解が容易な割りピンシャフト。国際 ピンシャフトの規格はISO 2341:1986です。中国規格GB / T882-2008です。 一般的な材料 c45(1.0503) GB / T699-1999規格は規定しています 45鋼の引張強度が600 mpa、降伏強度が355であること mpa、伸び16%、断面収縮40%、衝撃エネルギー 39。 c45鋼 シャフト部品の一般的な材料です。安いしできる 焼入れ焼戻し(または正規化)後に得られます。それも得ることができます 高強度や靭性などの包括的な機械的特性。の 焼入れ後の表面硬度は最大45〜52hrcです。 40crおよびその他 合金構造用鋼は、中精度および高速シャフトに適しています 部品。焼戻しおよび焼入れ後、このタイプの鋼は優れた包括的な 機械的性質 。 モーターシャフト延長カプラー 。 c45鋼 (din en c45 / jis s45c / astm 1045) 機械で広く使用されています 製造、およびその機械的特性は非常に良いです。しかしこれは 中炭素鋼、焼入れ性能は良くありません、45鋼は hrc42〜46に硬化します。したがって、表面硬度が必要な場合、 45#鋼の優れた機械的特性が望まれ、45#の表面 鋼はしばしば焼入れされる(高周波焼入れまたは直接焼入れ)ので、 必要な表面硬度が得られます。 2、40cr 40crはシャフトに一般的に使用される材料です 部品。それは安価であり、焼入れ焼戻し後に得ることができます(または 正規化)。また、次のような包括的な機械的特性を取得できます。 高強度と靭性。焼入れ後の表面硬度は 45〜52時間 40crおよび他の合金構造用鋼は 中精度および高速シャフト部品に適しています。焼入れ後 焼戻し、このタイプの鋼は、優れた包括的な機械的特性を持っています。 40crは、中国のGB標準鋼番号です。 40cr鋼は、機械製造で最も広く使用されている鋼の1つです。 焼入れ焼戻し後、それは優れた包括的な機械的特性を持っています、 良好な低温衝撃靭性と低ノッチ感度。鋼は良い 焼入性。水で急冷するとФ28〜60mmに硬化し、 油焼入れ時Φ15〜40mm。焼入れに加えて 焼戻し、この鋼はシアン化と誘導にも適しています 硬化。切削性能は良好です。硬度がhb174〜229の場合、相対切削 作業性は60%です。 3、30crmnti 強度と焼入性が高い 20crmnti鋼よりも、その衝撃靭性はわずかに低いです。主に 浸炭鋼として使用されます。浸炭後、直接焼入れできます 温度を下げる。曲げ強度が高く、摩耗が良い 抵抗。低温焼入れ焼戻し後に使用可能 切削加工性は中程度です。ヘビーデューティの製造に使用 断面積の大きな部品、歯車、歯車軸、ウォームなどの浸炭 トラクター業界で大きな力を持っています。 油圧モーターシャフトカップリング 4.35crmnsi 標準:GB / T 3077-1988 35crmnsi鋼は低合金です 超高張力鋼。それは良い総合的な機械的性質を持っています 熱処理後、高強度、十分な靭性、焼入性、溶接 能力、およびプロセス能力、しかしそれは低い耐食性と酸化を持っています 抵抗。低温焼戻しや恒温焼入れ後に使用されます。 ポンプカップリングの種類pdf 35crmnsi鋼は良い材料です 焼入性。適切な熱処理の後、それは包括的なを得ることができます 強度、硬度、靭性、および疲労が良好な機械的特性 炭鉱のより複雑な作業条件に適応できる強度 ピンの違い シャフト そしてピン 軸 s ピン 軸 パーツを見つけて固定するために使用されます。それはで利用可能です 円筒型と円錐型。ピン 軸 s 一般的には、軟質金属を押し込んだりノックインしたりして取り付けます。  ピンシャフトは通常、円錐形、尖ったまたは尖った木材、金属ペグで、使用されています 釘や留める(木の板、タイル、ソール、アッパー、家具の型と コンポーネント)または穴を埋めます。ピンシャフトは、 機械部品の接続。形状と機能に応じて、 分割:割りピンシャフト、円錐ピンシャフト、円筒ピンシャフト、スロット ピンシャフトなど 1986年、中国は iso のファスナー製品規格 初めて、製品販売の国家標準を改訂し、発行しました。にとって 詳細は製品規格をご参照ください。間で ピンシャフト 製品、 円筒ピンシャフト、テーパピンシャフトと スプリットピンシャフト 商品です 生産量が多く、用途が広く、交換もできないファスナー ファスナー製品。 ピンシャフトは標準化されたタイプです 静的に固定して接続したり、相対的に移動したりできるファスナー 接続部分。彼らは主にヒンジを形成する2つの部品のヒンジで使用されます 接続。通常、ピンシャフトは割りピンシャフトでロックされています。 信頼性が高く、分解が容易です。ピンシャフトの国際規格は iso 2341:1986。 国家標準GB / t882-2008。 2つの違い:多くあります ポストピンシャフト、テーパーピンシャフト、弾性ピンを含むピンシャフトのタイプ シャフトなどほとんどのピンシャフトは固定接続に使用され、ピンシャフトは リビングヒンジポイントによく使用されます アモイZhonglida機械(株)持っている 10年以上のピンシャフト製造の経験。最初から、それ 中国と日本の企業にピンシャフト部品を提供しています。今それは家です ヨーロッパ、米国、日本、 東南アジアと他の場所。製品メーカー、自動車部品 メーカーはカスタマイズされたシャフト(耐荷重シャフト、駆動シャフト)、 ピンシャフト、ブッシング、コア、バルブ、その他のカスタマイズされた金属部品。合格しました iso 9001:2015 認証と採用 iatf16949-2016品質管理システム サプライヤーに対するお客様のほとんどの要件を満たすため。...
Jan 08, 2020
シャフト部品の機械加工

シャフト部品の機械加工

シャフトパーツ 工業製品では、シャフト部品は1つ以上のCNC機械加工部品のメンテナンス作業に適しています。シャフトパーツは、ハードウェアアクセサリでよく見られる典型的なパーツの1つです。主にトランスミッション部品のサポート、トルクの伝達、負荷の負担に使用されます。シャフト部品の構造に応じて、それらはに分けることができます 光学シャフト 、 段付きシャフトと特殊形状 。 3種類のシャフト;または中実シャフトと中空シャフト。 表面粗さ ra2.5〜0.63μm ラジアル振れ 0.01〜0.03mm 加工径 42mm 非標準シャフト部品バッチ処理装置 シャフトパーツは、ハードウェアアクセサリでよく見られる典型的なパーツの1つです。主にトランスミッション部品のサポート、トルクの伝達、負荷の負担に使用されます。の構造によると シャフトパーツ 、それらはに分けることができます 光学シャフト 、 段付きシャフト そして 特別な形 。 3種類のシャフト;または 中実シャフト そして 中空シャフト 。それらは、トルクや運動を伝達するためにギア、ベルトホイールなどの伝達部品をサポートするために機械で使用されます。シャフト部品は回転部品であり、その長さは直径よりも大きく、一般に、外側の円筒面、円錐面、同心シャフトの内側の穴とねじ、および対応する端面で構成されます。異なる構造形状に応じて、シャフト部品は光軸、段付きシャフト、中空シャフト、クランクシャフトに分けることができます。 アスペクト比が5未満のシャフトは、 短いシャフト 、およびアスペクト比が20を超えるシャフトは、 細いシャフト。 ほとんどのシャフトが間にあります。 シャフトはベアリングで支えられており、ベアリングと連動するシャフト部分はジャーナルと呼ばれています。ジャーナルはシャフトアセンブリの標準であり、その精度と表面品質は一般的に高いです。技術要件は、一般的にシャフトの主な機能と作業条件に基づいています。一般的には、次のとおりです。 (a)表面粗さ 一般的に、 表面粗さ 透過率に合わせた軸径のra2.5〜0.63μm、ベアリングに合わせた支持軸径の表面粗さはra0.63〜0.16μm。 Zhonglida Machinery Co.、Ltd. ra0.05μmの表面仕上げが可能です。 (b)相互位置精度 シャフト部品の位置精度要件は、主に機械内のシャフトの位置と機能によって決まります。通常、ベアリングアセンブリジャーナルとサポートジャーナルの同軸性は保証する必要があります。そうしないと、トランスミッションメンバー(ギアなど)のトランスミッション精度に影響を与え、ノイズが発生します。通常の精度のシャフトの場合、サポートジャーナルに対するサポートジャーナルの半径方向の振れは通常0.01〜0.03mmで、高精度シャフト(メインシャフトなど)は通常0.001〜0.005mmです。 (c)形状精度 シャフトパーツの幾何学的精度は、主にジャーナルの真円度と円筒度、外側のテーパー面、モールステーパーなどを指します。一般に、公差は寸法公差の範囲に制限されます。より高い精度が要求される内側および外側の円形サーフェスの場合、許容偏差は図面にマークする必要があります。 (d)寸法精度 シャフトの位置を決定するために、軸受ジャーナルは通常、より高い寸法精度(it5〜it7)を必要とします。トランスミッションジャーナルの組み立ての寸法精度の要件は一般的に低いです(it6〜it9)。 CNCの精密自動旋盤 センタータイプのCNC旋盤(センター/スリット旋盤)は、主にシャフトや非標準シャフトの精密加工に使用されるCNC工作機械の一種です。 CNC旋盤よりも、加工効率と精度が飛躍的に向上しています。ツールの2軸配置により、処理サイクル時間が大幅に短縮されます。ローカッターと対向工具テーブル間の工具交換時間を短縮することにより、複数工具テーブルのオーバーラップ機能、糸切りの効果的な糸移動・オーバーラップ機能、二次加工時のダイレクトスピンドル。アイドリング時間を短縮するインデックス機能。チップカッターは常にスピンドルとワークピースのクランプ位置で処理されるため、加工精度は変わりません。市場に出ているコアリングマシンの最大加工径は42mmで、精密シャフト加工市場で大きな利点があります。 Zhonglida Machinery Co.、Ltd.には、数十の高精度コアリングマシンと複数の5軸リンケージマシニングセンターがあります。この一連の工作機械には、自動送り装置を装備して、単一の工作機械の完全に自動化された生産を実現し、人件費と製品の故障率を削減できます。精密シャフト部品の量産に最適です。...
Dec 30, 2019
  • 30

    Apr, 2020

    How Zhonglida Machinery develop in 2020

    Made in China is gradually upgrading, and Zhonglida Machinery is also participating in this wave. Gradually developed from several automatic lathes to now have 20 CNC machining centers, 30 automatic lathes, more than 20 auxiliary processing and testing equipment. For products that are simple and cheap, people tend to buy them nearby or in their own country. Because long-distance transportation and product import both cost, if the product is cheap, the cost of transportation and import may have exceeded the price purchased nearby. But why are more and more people importing machined hardware products from China? After several upgrades, Chinese industry has become one of the important members of global manufacturing. The reason why she can develop rapidly and continue to be inseparable from the increasingly perfect domestic supply chain system Customers' needs often require multiple factories to collaborate, and even cross-industry cooperation to complete. If the customer needs to find the factory for each processing technology and find the appropriate assembly factory, it will take a lot of time, energy and cost. But if you find an experienced and powerful factory, it already has a perfect network of relationships, and cooperates with other supporting factories for many years to cooperate perfectly. This will save customers a lot of unnecessary costs. Xiamen Zhonglida Machinery Co., Ltd. has been continuously screened since its establishment in 2005, and has already established a complete supporting supply chain system that has been subsequently processed. Able to provide customers with all services of finished hardware parts from raw materials to qualified products after understanding their needs. The steps are simplified as follows: make a request → confirm the drawing → confirm the sample → pay → receive the goods. Strong processing equipment, processing capacity and perfect management system, after passing ISO9001: 2016 and TS16949 certification, we provide many large factories including but not limited to custom screws, custom nuts, various shafts, shaft sleeves, engine spools Electromagnetic parts, Cable Gland Adaptor and other OEM stainless steel, iron, copper, aluminum, carbon steel, low carbon steel and non-metal parts. Made in China is gradually upgrading, and Zhonglida Machinery is also participating in this wave. Gradually developed from several automatic lathes to now have 20 CNC machining centers, 30 automatic lathes, more than 20 auxiliary processing and testing equipment. For products that are simple and cheap, people tend to buy them nearby or in their own country. Because long-distance transportation and product import both cost, if the product is cheap, the cost of transportation and import may have exceeded the price purchased nearby. But why are more and more people importing machined hardware products from China? After several upgrades, Chinese industry has become one of the important members of global manufacturing. The reaso...
  • 08

    Jan, 2020

    ピンシャフト一般的に使用される材料

    pin shafts 固定できるタイプの標準化されたファスナーです 静的に接続されているか、接続されているパーツに対して移動しています。彼らは主に 2つのパーツのヒンジで使用され、ヒンジ接続を形成します。の ピンシャフト 通常は 信頼性が高く、分解が容易な割りピンシャフト。国際 ピンシャフトの規格はISO 2341:1986です。中国規格GB / T882-2008です。 一般的な材料 c45(1.0503) GB / T699-1999規格は規定しています 45鋼の引張強度が600 mpa、降伏強度が355であること mpa、伸び16%、断面収縮40%、衝撃エネルギー 39。 c45鋼 シャフト部品の一般的な材料です。安いしできる 焼入れ焼戻し(または正規化)後に得られます。それも得ることができます 高強度や靭性などの包括的な機械的特性。の 焼入れ後の表面硬度は最大45〜52hrcです。 40crおよびその他 合金構造用鋼は、中精度および高速シャフトに適しています 部品。焼戻しおよび焼入れ後、このタイプの鋼は優れた包括的な 機械的性質 。 モーターシャフト延長カプラー 。 c45鋼 (din en c45 / jis s45c / astm 1045) 機械で広く使用されています 製造、およびその機械的特性は非常に良いです。しかしこれは 中炭素鋼、焼入れ性能は良くありません、45鋼は hrc42〜46に硬化します。したがって、表面硬度が必要な場合、 45#鋼の優れた機械的特性が望まれ、45#の表面 鋼はしばしば焼入れされる(高周波焼入れまたは直接焼入れ)ので、 必要な表面硬度が得られます。 2、40cr 40crはシャフトに一般的に使用される材料です 部品。それは安価であり、焼入れ焼戻し後に得ることができます(または 正規化)。また、次のような包括的な機械的特性を取得できます。 高強度と靭性。焼入れ後の表面硬度は 45〜52時間 40crおよび他の合金構造用鋼は 中精度および高速シャフト部品に適しています。焼入れ後 焼戻し、このタイプの鋼は、優れた包括的な機械的特性を持っています。 40crは、中国のGB標準鋼番号です。 40cr鋼は、機械製造で最も広く使用されている鋼の1つです。 焼入れ焼戻し後、それは優れた包括的な機械的特性を持っています、 良好な低温衝撃靭性と低ノッチ感度。鋼は良い 焼入性。水で急冷するとФ28〜60mmに硬化し、 油焼入れ時Φ15〜40mm。焼入れに加えて 焼戻し、この鋼はシアン化と誘導にも適しています 硬化。切削性能は良好です。硬度がhb174〜229の場合、相対切削 作業性は60%です。 3、30crmnti 強度と焼入性が高い 20crmnti鋼よりも、その衝撃靭性はわずかに低いです。主に 浸炭鋼として使用されます。浸炭後、直接焼入れできます 温度を下げる。曲げ強度が高く、摩耗が良い 抵抗。低温焼入れ焼戻し後に使用可能 切削加工性は中程度です。ヘビーデューティの製造に使用 断面積の大きな部品、歯車、歯車軸、ウォームなどの浸炭 トラクター業界で大きな力を持っています。 油圧モーターシャフトカップリング 4.35crmnsi 標準:GB / T 3077-1988 35crmnsi鋼は低合金です 超高張力鋼。それは良い総合的な機械的性質を持っています 熱処理後、高強度、十分な靭性、焼入性、溶接 能力、およびプロセス能力、しかしそれは低い耐食性と酸化を持っています 抵抗。低温焼戻しや恒温焼入れ後に使用されます。 ポンプカップリングの種類pdf 35crmnsi鋼は良い材料です 焼入性。適切な熱処理の後、それは包括的なを得ることができます 強度、硬度、靭性、および疲労が良好な機械的特性 炭鉱のより複雑な作業条件に適応できる強度 ピンの違い シャフト そしてピン 軸 s ピン 軸 パーツを見つけて固定するために使用されます。それはで利用可能です 円筒型と円錐型。ピン 軸 s 一般的には、軟質金属を押し込んだりノックインしたりして取り付けます。  ピンシャフトは通常、円錐形、尖ったまたは尖った木材、金属ペグで、使用されています 釘や留める(木の板、タイル、ソール、アッパー、家具の型と コンポーネント)または穴を埋めます。ピンシャフトは、 機械部品の接続。形状と機能に応じて、 分割:割りピンシャフト、円錐ピンシャフト、円筒ピンシャフト、スロット ピンシャフトなど 1986年、中国は iso のファスナー製品規格 初めて、製品販売の国家標準を改訂し、発行しました。にとって 詳細は製品規格をご参照ください。間で ピンシャフト 製品、 円筒ピンシャフト、テーパピンシャフトと スプリットピンシャフト 商品です 生産量が多く、用途が広く、交換もできないファスナー ファスナー製品。 ピンシャフトは標準化されたタイプです 静的に固定して接続したり、相対的に移動したりできるファスナー 接続部分。彼らは主にヒンジを形成する2つの部品のヒンジで使用されます 接続。通常、ピンシャフトは割りピンシャフトでロックされています。 信頼性が高く、分解が容易です。ピンシャフトの国際規格は iso 2341:1986。 国家標準GB / t882-2008。 2つの違い:多くあります ポストピンシャフト、テーパーピンシャフト、弾性ピンを含むピンシャフトのタイプ シャフトなどほとんどのピンシャフトは固定接続に使用され、ピンシャフトは リビングヒンジポイントによく使用されます アモイZhonglida機械(株)持っている 10年以上のピンシャフト製造の経験。最初から、それ 中国と日本の企業にピンシャフト部品を提供しています。今それは家です ヨーロッパ、米国、日本、 東南アジアと他の場所。製品メーカー、自動車部品 メーカーはカスタマイズされたシャフト(耐荷重シャフト、駆動シャフト)、 ピンシャフト、ブッシング、コア、バルブ、その他のカスタマイズされた金属部品。合格しました iso 9001:2015 認証と採用 iatf16949-2016品質管理システム サプライヤーに対するお客様のほとんどの要件を満たすため。...
  • 30

    Dec, 2019

    シャフト部品の機械加工

    シャフトパーツ 工業製品では、シャフト部品は1つ以上のCNC機械加工部品のメンテナンス作業に適しています。シャフトパーツは、ハードウェアアクセサリでよく見られる典型的なパーツの1つです。主にトランスミッション部品のサポート、トルクの伝達、負荷の負担に使用されます。シャフト部品の構造に応じて、それらはに分けることができます 光学シャフト 、 段付きシャフトと特殊形状 。 3種類のシャフト;または中実シャフトと中空シャフト。 表面粗さ ra2.5〜0.63μm ラジアル振れ 0.01〜0.03mm 加工径 42mm 非標準シャフト部品バッチ処理装置 シャフトパーツは、ハードウェアアクセサリでよく見られる典型的なパーツの1つです。主にトランスミッション部品のサポート、トルクの伝達、負荷の負担に使用されます。の構造によると シャフトパーツ 、それらはに分けることができます 光学シャフト 、 段付きシャフト そして 特別な形 。 3種類のシャフト;または 中実シャフト そして 中空シャフト 。それらは、トルクや運動を伝達するためにギア、ベルトホイールなどの伝達部品をサポートするために機械で使用されます。シャフト部品は回転部品であり、その長さは直径よりも大きく、一般に、外側の円筒面、円錐面、同心シャフトの内側の穴とねじ、および対応する端面で構成されます。異なる構造形状に応じて、シャフト部品は光軸、段付きシャフト、中空シャフト、クランクシャフトに分けることができます。 アスペクト比が5未満のシャフトは、 短いシャフト 、およびアスペクト比が20を超えるシャフトは、 細いシャフト。 ほとんどのシャフトが間にあります。 シャフトはベアリングで支えられており、ベアリングと連動するシャフト部分はジャーナルと呼ばれています。ジャーナルはシャフトアセンブリの標準であり、その精度と表面品質は一般的に高いです。技術要件は、一般的にシャフトの主な機能と作業条件に基づいています。一般的には、次のとおりです。 (a)表面粗さ 一般的に、 表面粗さ 透過率に合わせた軸径のra2.5〜0.63μm、ベアリングに合わせた支持軸径の表面粗さはra0.63〜0.16μm。 Zhonglida Machinery Co.、Ltd. ra0.05μmの表面仕上げが可能です。 (b)相互位置精度 シャフト部品の位置精度要件は、主に機械内のシャフトの位置と機能によって決まります。通常、ベアリングアセンブリジャーナルとサポートジャーナルの同軸性は保証する必要があります。そうしないと、トランスミッションメンバー(ギアなど)のトランスミッション精度に影響を与え、ノイズが発生します。通常の精度のシャフトの場合、サポートジャーナルに対するサポートジャーナルの半径方向の振れは通常0.01〜0.03mmで、高精度シャフト(メインシャフトなど)は通常0.001〜0.005mmです。 (c)形状精度 シャフトパーツの幾何学的精度は、主にジャーナルの真円度と円筒度、外側のテーパー面、モールステーパーなどを指します。一般に、公差は寸法公差の範囲に制限されます。より高い精度が要求される内側および外側の円形サーフェスの場合、許容偏差は図面にマークする必要があります。 (d)寸法精度 シャフトの位置を決定するために、軸受ジャーナルは通常、より高い寸法精度(it5〜it7)を必要とします。トランスミッションジャーナルの組み立ての寸法精度の要件は一般的に低いです(it6〜it9)。 CNCの精密自動旋盤 センタータイプのCNC旋盤(センター/スリット旋盤)は、主にシャフトや非標準シャフトの精密加工に使用されるCNC工作機械の一種です。 CNC旋盤よりも、加工効率と精度が飛躍的に向上しています。ツールの2軸配置により、処理サイクル時間が大幅に短縮されます。ローカッターと対向工具テーブル間の工具交換時間を短縮することにより、複数工具テーブルのオーバーラップ機能、糸切りの効果的な糸移動・オーバーラップ機能、二次加工時のダイレクトスピンドル。アイドリング時間を短縮するインデックス機能。チップカッターは常にスピンドルとワークピースのクランプ位置で処理されるため、加工精度は変わりません。市場に出ているコアリングマシンの最大加工径は42mmで、精密シャフト加工市場で大きな利点があります。 Zhonglida Machinery Co.、Ltd.には、数十の高精度コアリングマシンと複数の5軸リンケージマシニングセンターがあります。この一連の工作機械には、自動送り装置を装備して、単一の工作機械の完全に自動化された生産を実現し、人件費と製品の故障率を削減できます。精密シャフト部品の量産に最適です。...
すべてのニュースを見る
伝言を残す
へようこそ ゾンリダ
質問や提案がある場合は、私たちにメッセージを残してください、私たちはできるだけ早く返信します!

ホーム

製品

接触